ベルタこうじ生酵素の乳酸菌はここがすごい!便秘に効く理由とは

 

乳酸菌といえば、ヨーグルトや発酵食品を思い浮かべ、腸内環境を整えるため便秘にも良いと考えている方も多いはず。
便秘に良いとされる乳酸菌ですが、ヨーグルトだけじゃ全然便秘に効かない!という人や、最初は良かったけどもう効果なくて便秘に逆戻り…という人も多いのではないでしょうか。

 

その原因は、乳酸菌の種類かもしれません。
一口に乳酸菌といっても、その種類は様々なんです。
ベルタこうじ生酵素に配合されている乳酸菌は、他の乳酸菌とどう違うのでしょうか?

 

ベルタこうじ生酵素の乳酸菌はちょっと違う!

 

ベルタこうじ生酵素に入っている乳酸菌は、「ラクリス菌」という菌なのだそう。
あまり耳にしない乳酸菌ですね。
しかし、このラクリス菌は便秘に対してとても高い改善効果を持っているのです!

 

まず、ラクリス菌とはどのような乳酸菌なのか?調べてみました。
ラクリス菌は腸内環境を整えて、老廃物の排出を促すためお通じをよくしてくれます。
ここまでは他の乳酸菌と変わりませんね。
しかし、ラクリス菌は有胞子乳酸菌といって、胞子を作る種類になります。。
胞子を作るということは、熱や酸、乾燥に強く、人間の体内でも長い時間生き続けることができるということ。
つまり、腸内で働く時間がとっても長い乳酸菌のひとつなのです。
一時的な便秘解消ではなく、持続した便秘改善効果を得ることが出来るのです。

 

ラクリス菌の働きを最大限にするベルタこうじ生酵素の工夫

ベルタこうじ生酵素には、ラクリス菌の働きを高めるためにEC12と乳酸菌産生物質が配合されています。

 

EC12とは、耐熱性の高い乳酸菌のひとつ。
グラムあたり5兆個もの菌を含み、腸内の乳酸菌や善玉菌のバランスを保つ効果があります。
熱に強く、減ってしまった善玉菌を敏感に察知して改善してくれるので、老廃物を溜め込まない腸内環境を維持してくれます。

 

また、乳酸菌産生物質も、腸内細菌のバランスを保つ効果を持つ乳酸菌で、人間の健康には必要不可欠とまで言われています。
腸内の細菌バランスに敏感で、善玉菌の働きを優位にし、腸から健康な体質を作ることができます。もちろん便秘解消の効果もバッチリ!

 

EC12も乳酸菌産生物質も、免疫作用に働きかけることができ、病気に強い身体をつくることができます。
そして、どちらもラクリス菌の生存を助けるので、ラクリス菌の働きを最大限に引き出し、更にはそれぞれもお通じを良くする効果があるので、便秘に対して大きな効果と持続力を持つのです。

 

 

乳酸菌のほかにも乳酸菌と相性がよくバナナの65倍もの食物繊維を含むピタヤも配合されています。
他のも野菜やフルーツの生酵素がたっぷりなので便秘への効果はかなり高いかもしれないですね♪

 

 

関連記事